ABOUT

原料

オーガニック栽培&天然由来成分

世界中の高山や海岸沿いから、過酷な環境で生き抜く生命力あふれる植物を独自にブレンドしました。

MAIN COMPONENT
アロエベラ
ムコ多糖類の保湿効果が期待できる植物アロエベラ葉水
アロエベラは過酷な環境で生き抜くため、地表の少ない水分と栄養分を体内に蓄える強い生命力を持っています。
エーデルワイスカルス培養エキス
高い保護力で知られている植物エーデルワイスカルス培養エキス
厳しい冬の寒さにも、灼熱の夏の乾燥にも負けない、驚異的な生命力を持つエーデルワイス。その幹細胞には、高い美容作用があると言われています。

アロエベラの魅力

ピックアップインフォメーション

環状リゾホスフアチジン酸Na(商標登録名:NcPA)は、すべての生物に微量に存在する生体内のリン脂質です。お茶の水女子大学学長・室伏きみ子医学博士が発見し、さまざまな研究の結果、素晴らしい働きをすることが科学的に証明されてきました。「今ある細胞を活性化させて、正常な細胞の分化を促進する作用」が確認されています。このNcPAをダイズ由来の天然成分から化粧品原料として供給できる技術を開発(製造法特許:特許第5933338号)。生体内に存在している安心・安全な成分です。

発見者:室伏きみ子(医学博士)

発見者:室伏きみ子(医学博士)

お茶の水女子大学理学部卒業、同大学院理学研究科修士課程修了、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了、医学博士。米国留学等を経て、1983年からお茶の水女子大学にて教育と研究を続けている。元・お茶の水女子大学理学部長・副学長、ルイ・パスツール大学客員教授、現お茶の水女子大学長

アロエベラの魅力